CrazyHand

『スマブラDX』のゲームイベントお祭り大会「CrazyHand2018」シングルス【インタビュー付き】(1/2)

GWに開催された『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のお祭り大会CrazyHand2018。その結果と大会の模様をお届けする今回。

大会主催者であり参加選手でもあるKounotori選手と、勝者側からストレートで勝ち進み1位の座に君臨したShippu選手のインタビュー付きです。

3本の試合動画をピックアップしています。あなたが気になった試合はこの中にありますか?

CrazyHand2018シングルス前編、はじまりです。

大会情報

f:id:GCC:20180514043925p:plain

競技としての『スマブラDX』の大会CrazyHand2018は、年に1度開催される大規模なお祭り大会の1つです。

1対1形式のシングルス、2対2形式のダブルス、団体戦形式のクルーバトルと多数の種目を採用し、2日間に渡って大会が行われました。

CrazyHand自体については「『スマブラDX』の大規模大会CrazyHand紹介(大阪)」をご覧ください。

主催者インタビュー

CrazyHandに込める主催者Kounotoriさんの想いとは。

なぜMasterHandとは別にCrazyHandを開催しようと思ったのでしょうか??
毎月コンスタントに大会を開いていると、1回1回の希少さがなくなってしまい遠征勢もいつもと違う大会名で、2日間日程の特別な大会を開くことで、一堂に会するきっかけ作りをするためにCrazyHandを考案・開催することにしました。
なるほど、そうだったのですね。
2日開催なら進行にも余裕ができるので、1日だと時間の都合上厳しく普段はどの大会でも催せない団体戦(クルーバトル)もできますしね。
何年もCrazyHandを継続していますが、実際に開催してみて思うことはありますか?
BGWほど参加者が集まるわけではないですが、CrazyHandの目的通りになっているかなぁと思います。クルーバトルの盛り上がりだけは、当初の想定以上で本当に楽しいですね。
まさに成功ですね。
立ち上げからしばらく、普段のMasterHandでは上位の試合でも観戦する人があまりいませんでした。LF・GFのときはフリー対戦を止めてみんなで観戦、というルールを作ったりもしていました。
年々成長していっているのを感じますね。
初めて開催した2015年のクルーバトルでは、当事者間で勝手に超盛り上がっていたら、観戦については特に何も言っていなかったのに、気づいたら他の人たちも全員フリー対戦をやめて観戦していてびっくりしました。
CrazyHand2018を終えてみて印象に残っていることはありますか?
やはり敗者側準決勝戦の5試合目のZomaミュウツー vs 名無しシークですね。遊撃と違ってそう簡単に一気にストックを奪う展開を引き寄せられる組み合わせではないので、ストックが1対3になったときは流石にもう厳しいだろうと思っていました。しかし、素晴らしいプレイの連発でZomaミュウツーが逆転勝利した瞬間は思わず飛び上がってしまいました。
CrazyHandには猛者が多く集まりますが、その理由は何だと思いますか?
遠征勢が多く来てくれる条件を揃えられていることだと思います。具体的には、長期休暇・2日日程・クルーバトル・ダブルス(猛者は普段よく会う者同士でチームを組むことが多いので誘い合わせの上参加することになる)ですね。

さらなるインタビューでBクラストーナメントを設ける理由について伺っています。そちらもぜひご覧ください。

スポンサードサーチ

トーナメント表と結果

f:id:GCC:20180403121821j:plain

以下はトーナメント表と結果発表です。「勝者側」と「敗者側」という言葉については「【ルール解説】ダブルエリミネーションとは」で解説しています。

トーナメント表(本戦)

実際に使用されたトーナメント表です。カーソルや指で動かせるので全体を見てみましょう。

勝者側

 

敗者側

上のトーナメント表は全体の半分しか表示されていないので、敗者側についてはChallogeの大会ページをご覧ください。

結果(本戦)

f:id:GCC:20180512044805p:plain
Shippu選手おめでとうございます!!

スポンサードサーチ

優勝者

f:id:GCC:20180513072650j:plain

本戦の優勝者のShippu選手は、Japan SSBM Rank2017において6位に位置づけられているピーチ使いの猛者です。写真右の選手です。

一部の『スマブラDX』プレイヤーが所属する「桃部」の部長(「狐部」に抗う一勢力)であり、他のピーチ使いプレイヤーから一目置かれる存在でもあります。

過去には関東最大規模の大会Battle Gate Wayでの優勝経験など確かな実力を備える選手が、 今回のCrazyHandを1位で飾りました。

スポンサードサーチ

Shippu選手インタビュー

優勝したShippu選手からコメントをいただいています。
f:id:GCC:20180522214305p:plain

CrazyHand2018決勝戦。最初にZoma選手に1本取られた後の2本目で、焦る様子もなく相手の挙動確認をしっかり行い対戦をコントロールしているように見受けられたのですが、1本目と2本目の間にあるわずかな時間で気持ちを落ち着かせていたのでしょうか?

Shippu:

1本目の試合はZoma君に圧倒されてしまいましたが、2試合目は大会前に用意していたメモの内容を思い返して気持ちを切り替えました。

大会ではビハインドの状況は慣れっこなので、焦りはありませんでした。

2本目に選択した「夢の泉」は、ピーチの荒らしが強いステージであるという認識が根付いていますが、Zoma君は安易な荒らしが通用するプレイヤーではないため、ステップやガードからの反撃を喰らうことは目に見えていました。

そこで掴みの意識を高めたところ、そこから火力始動や復帰阻止につなぐことができました。

f:id:GCC:20180522214744p:plain

Zoma選手は国内トップクラスのフォックス使いです。彼のフォックスと戦う上でとくに意識していたことはありますか?また、これは功を奏したという戦略上の成功を挙げるとすると何になりますか?

Shippu:

Zoma君は丁寧なプレースタイルで、確実に火力を取ってくるので、こちらが少しでも甘えたら機械のように反撃してきます。

また、ブラスター・置き技・釣り行動などフォックスの強味を引き出した多様なスタイルで仕掛けてくるので型にはまった考え方では彼を崩すことは困難です。

自分なりの考察では、リスクの高いインファイトを仕掛ける頻度を落とし、ステップと置き技で様子を見て我慢すること、また相手にガードを張らせる状況を作ること、この2つを意識したことで余計なリスクを背負うことなく掴みを通すことができたため、少しは試合を有利に運ぶことができました。

f:id:GCC:20180522214815p:plain

Shippu選手が勝てば雌雄が決する5本目、Zoma選手に2ストックリードされ会場からは「ワンモアストック」コールが響きました。

Shippu選手は勝者側から勝ち上がっているためグランドファイナル(GF)2セット目で仕切り直し可能ですが、プレイヤーとしては心理的に非常にキツイ場面であることにかわりありません。

あそこから巻き返し最終的に崖際のZoma選手のフォックスにプレッシャーを与えるところまでいきました。あの心理戦に勝利した秘訣はなんだったのでしょうか?

Shippu:

あの試合は落としたくありませんでしたね。しかし、Zoma君がノリノリで気が付いたら1ストックまで追い込まれてました(笑)

あの状況ではブラスターや台移動で逃げ回られたくないという思いで積極的に仕掛けに行きました。空中後攻撃でプレッシャーをかけて隙があれば下スマッシュ攻撃と掴み、主にこの2択で高火力を狙いました。

復帰阻止においては、ストック有利な相手からすればギンプだけはされたくないので崖を避けるだろうと予想し、崖以外のポイントに技を置きました。

ストックが追い込まれていると逆に強気になれるので心理的な不安は感じませんでした。

趣旨を変えて、大会を終えてShippuさんが感じていることを尋ねてみたよ。

現役スマブラDXプレイヤーのみなさん、つまり界隈に対してコメントをいただけたらうれしいです(高いレベルで共に戦える方々や、強さ関係なく大会を共に盛り上げるプレイヤーたちに対して感じること)

Shippu:

数年前は上位プレイヤーと中堅プレイヤーとの壁が厚く、大会のスクリーン戦ではよく見る対戦カードが多かったのですが、最近は中堅プレイヤーがグングンと実力を上げてきて上位入賞したり下克上を起こしたりと界隈に新たな風を巻き起こすようになりました。

新規プレイヤーが入ること自体うれしいことだけど、加えて本当に新しいプレイヤーたちの上達スピードがとても速い。

使用キャラもバランスよく分布しているので観戦するのも楽しいですね。試合する時と観戦する時とでは全然違う楽しみが味わえるので自分は観戦して大会を盛り上げるのも好きです。

昔は大会でスクリーン戦をしている間もフリー対戦台を解放していましたが、今のようにみんなで一つの画面を見て感情や興奮を吐き出して盛り上げる方が断然好きですね。

いつも盛り上げてくれる人たちがいるからこそ選手たちの試合が映えるのであり、その盛り上がりがあるから参加者がリピートし大会も継続できているともいえるので、今後も選手として高いパフォーマンスを魅せていきたいと思います。

CrazyHand2018でも感じたけど、1つの大きいスクリーンでみんなで観戦するのはとても興奮するね。運営陣の工夫やプレイヤーたちの情熱がうまく噛み合っているように感じる。

新規プレイヤーに対して、スマブラDXやピーチの魅力についてなどお言葉をいただけたらうれしいです。

Shippu:

新規プレイヤーのみなさんはぜひともオフ会や大会で自分の実力に近いプレイヤーを見つけてほしいと思います。

楽しく長くこのゲームを続けていくには、ある程度スマ勢と仲良くなってオフ会で実践経験を積むことが上達の近道だと自分は思います。そこにいるのは皆、共通の趣味を持っている仲間なのでスマブラの話なら遠慮せずに聞いてくださいね。

もし地方に住んでいて近くにスマ勢がいない方でも今はネトデラがあります。モチベーションさえあれば誰でも上達できる環境が整っています。

時にはプライドを捨てて対戦相手からアドバイスを求めるのも良いでしょう。そういうプレイヤーは印象に残りやすく応援したくなります。

ピーチは足が遅くクセが強いキャラですが、浮遊と低空スピンをマスターすれば一気に楽しくなります。蕪を抜いてるだけで楽しいかも。復帰力が高く自滅も少ないので大会での安心感はこの上ないです。

Shippuさんのピーチの動画が国内大会のYoutubeアカウントで上げられていて、いつでもピーチを研究することができる今の環境。新しい強豪ピーチが生まれるにはもってこいの材料がそろっているね。Shippu選手インタビューありがとうございました!

スポンサードサーチ

優勝式典

f:id:GCC:20180512052805j:plain

優勝式典では、こまどり(@komadori029)さんから贈られた優勝者の名誉の証である記念盾と、V3 Esports所属のスポンサードプレイヤーのCaptainJack(@CaptainJackssb)さんが提供した賞金が手渡されます。

賞金については、1~7位のプレイヤーたちにも贈られました。式典の様子を一部お届けです。

Sanne(@melee_sanne)選手

f:id:GCC:20180512052415j:plain

bitou(@bitoumelee)選手

f:id:GCC:20180512052451j:plain

Kounotori(@Kounotori_ssbm)選手

f:id:GCC:20180512052524j:plain

Plata(@PlataSmash)選手

f:id:GCC:20180512052607j:plain

Zoma(@lifegeimu)選手

f:id:GCC:20180512052702j:plain

Shippu(@ShippuJPN)選手

f:id:GCC:20180512052735j:plain

スポンサードサーチ

CrazyHand2018シングルス(本戦)試合動画ピックアップ

CrazyHand2018にて行われた試合の中で配信されたものはYoutube上で観戦することができます。

今回ピックアップしていない試合動画を観戦する際はチャンネルMasterHandへ。

Shippu vs Zoma

まずピックアップするのは、グランドファイナル動画。今回の大会の1位の座を求め雌雄を決するための戦いです。

試合はBset of 5(3本先取)。2-2までもつれこむ一進一退の最終決戦をご覧あれ。

Plata vs Kounotori

青色ヨッシーを巧みに操作し相手のストックを奪いにかかるPlata選手と、発生1Fのリフレクターを起点に猛攻をしかけるKounotori選手。

こちらも3本先取の試合ですが、両者引けを取らず2-2のまま、ラスト5本目の対戦を迎えます。

 

Nanashi vs Zoma

最後にピックアップするのは、サムスとミュウツーというあまり見かけることのない組み合わせの試合です。

キャラクターの見かけなさとプレイヤーの強さは別モノ。会場の盛り上がりとともにお届けです。

スポンサードサーチ

実況席ースマブラDX実況者bozitomaさん、Kounotoriさんー

多くの大会には、実況席というものが設置されています。このCrazyHand2018も例にもれず配信台の近くに実況者のためのスペースが容易されていました。

試合に実況が付いていると、参加できずに配信を見ているファンや、後日ネットにあげられた試合動画を見る視聴者にとって、会場の熱気を感じながら観戦することが可能になります。

選手とともに、会場や配信および参加者、つまりは大会を盛り上げる役割を担う配信席の様子を少しだけご紹介です。

f:id:GCC:20180513045052j:plain

ヘッドセットのマイクを使い笑顔で実況しているKounotori選手。

f:id:GCC:20180513045312j:plain

鋭い眼差しで試合を実況するBozitoma(@bozitomaSSBM)選手。彼による「【スマブラDX】”CrazyHand2018”に行ってきた!【オフレポ】」もぜひご覧ください。

f:id:GCC:20180513044018j:plain

配信席の裏側。配信中のPC画面がちらり。

どちらの実況者も選手として出場しながら、大会を盛り上げる実況を行っています。『スマブラDX』界隈の底力の一端が垣間見られます。

まとめ

さて、CrazyHand2018のシングルスにスポットライトを当てた前編記事、いかかだったでしょうか?ピックアップした試合以外にも接戦試合がたくさんあるので、ぜひYoutubeチャンネルで観戦ください。

シングルス後編では今回とは若干異なるテイストでまだ触れられていない事柄を綴りたいと思っています。

加えて、シングルス編の次には他のシリーズを用意しています。年に1度のお祭り大会ですからね。CrazyHand2018記事、まだまだ続きます。

シングルス編2本目は「『スマブラDX』のお祭り大会CrazyHand2018シングルス【インタビュー付き】(2/2)」。

こちらではアマチュアブラケットの優勝者ねぐ選手へのインタビューと、アマチュアブラケットを設けた理由についての主催者Kounotoriさんへのインタビューを読むことができます。

『スマブラDX』のゲームイベントお祭り大会「CrazyHand2018」シングルス【インタビュー付き】(2/2)GWに開催された『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)のお祭り大会CrazyHand2018。 その結果...