DX

『スマブラDX』のプロゲーマー? CJことCaptainJackって何者なの?

 

『スマブラDX』界隈でCJと呼ばれる彼の選手としての活躍を、リタイア前と復帰後にスポットライトを当てて、ご紹介です。

日本語で書かれたこのような記事はとても少なく、現役プレイヤーにも『スマブラDX』プレイヤーとしての彼をあまり知らない方にも有益な記事になっています。

『スマブラDX』プレイヤーCJ

f:id:GCC:20180403121821j:plain

現在はV3 Esports所属のスポンサードプレイヤーとしてプロ活動を行うCJ(@CaptainJackssb)さん*。同時に、彼は昔のことがあまり知られていないベテランプレイヤー、赤シーク使いのCJさんでもあります。

*現在同スポンサー関係については不明。

CJさんが近年露出し始めたときの筆者もほとんど彼についての知識を持っていませんでした。彼がどのようなプレイヤーであったのか一緒に見ていきましょう。CJ過去編ですね。

JACK GARDEN

f:id:GCC:20180517180319p:plain
画像はJACK HOUSEより

当時のプレイヤーだけでなく、競技としての『スマブラDX』 現役プレイヤーにも知られる、スマブラ対戦動画専門サイト「JACK GARDEN」。外大出身の彼の語学力をもって日英仏の3ヶ国語で運営されていました。

現在サイトは閉鎖されていますが、現役プレイヤーたちに大きな影響を与えたという点で、彼のスマブラに対する精神は日本のスマブラガチ勢*の文化に今もなお息づいています。

MasterHandCrazyHandの主催者Kounotori(@Kounotori_ssbm)さん、狐部のメンバーたけ(@WTSssbm)さん、シーク使いのtomo(@smashawk)さんなど、「JACK GARDEN」の存在を知るプレイヤーたちが、ガチ勢文化を今でも盛り上げてくれています。

*ガチ勢: 競技としての『スマブラDX』を楽しみ、より強くなろうと日々練習を欠かさないプレイヤーたちの総称。

経歴と戦績

上の画像はCJさんが自身のスマブラ履歴書として活用していたものです。これまでの彼の成績や国内外のスマブラ界隈に与えた影響が記されています。

「MLG San Francisco 2004」で優勝した際のインタビューがYoutube上に残っています。結果はSmash Wiki内の試合ページで確認することができます。

 

ドキュメンタリーに出演

f:id:GCC:20180518163800p:plain
画像はドキュメンタリーより

CJさんは全9エピソードで構成された4時間以上に及ぶ「The Smash Brothers」というドキュメンタリー作品に出演しています。この作品と作者はRed Bullのサイトでもとりあげられており(「スマブラプロプレイヤー列伝: Samox」)、『スマブラDX』ガチ勢ならば誰もが知っている人気作品です。

オープニング

ノリノリですね。アメリカのプレイヤーを主軸に『スマブラDX』シーンを追いかけたドキュメンタリー。途中で挿入される海外プレイヤー陣のイラストもイケてます。

日本のプレイヤーCJさんが出演しているのにはちゃんとした理由があります。当時彼が日本最強のプレイヤーであり、アメリカで開催される大会(TG6)に招待されるほどの腕前だったからです。

出演しているエピソードは、EP.2「NO JOHNS」(41:05-46:18)、EP.3「DON’T GET HIT」(48:00-50:25)、EP.4「THE KING OF SMASH」(1:36:00-1:41:00)の3つです。

それぞれ、TG6での出来事、Apex2012エキシビジョンマッチでの出来事、Jack Garden Tournamentでの出来事が採り上げられています。履歴書に書かれていますね。

ニコニコ動画のアカウントをお持ちの方であれば、ファンが作った日本語字幕付きの動画を見ることができます。下に埋め込まれた動画はEP.4「THE KING OF SMASH」。

CJさん作成の履歴書に載っている「Jack Garden Tournament in Japan」についてのエピソードです。当時アメリカ最強プレイヤーだったKen選手などがCJさんに招待されて来日しました。

スポンサードサーチ

CJ、復活

f:id:GCC:20180518172700p:plain
画像は復帰特集記事より

約8年のブランクを経て、CJさんは競技としての『スマブラDX』の世界に舞い戻りました。「倒したい。そろそろ我慢できなくなってきた」という言葉とともに(「現役リタイアから約8年、e-Sportsに成長したスマブラの世界に復帰します」)。

CJ現在編です。

彼の現役復帰はかなり大きなニュースで、その証拠にアメリカの大手スマブラ情報掲示板「Smashboards」にて特集インタビューが組まれました。

日本での試合

フィンランドから日本にやってきたCJさんは、赤シークを巧みに操作し、国内の2つの大会で高い成績をおさめます。試合動画とともにご紹介。

一緒に観戦してみましょう。観戦をより楽しむには「競技としての『スマブラDX』を楽しむためのコツ6選!」をご覧ください。

MasterHand

リタイア約8年からの復帰でMasterHand準優勝。MasterHandは当ブログですでに何回か紹介している関西最大規模の大会です。対戦相手の名無し(@GreenSamus)選手はJapan SSBM Rankにて9位の強豪プレイヤーであり、彼との試合でグランドファイナルを仕切り直しにまで持っていったという事実だけで、CJさんの底力の一端が伝わると思います。

修羅ブラ

こちらは福岡で開催されていたスマブラのお祭り大会、修羅ブラ。DX部門最後の大会にCJさんは出場しました。「狐部」部長を務めSSBM Japan Rankにて10位のSanne(@melee_sanne)選手とグランドファイナルで争い、準優勝。

「このままではヨーロッパまで運送されきってしまう、まずいぞ。さぁ、日本に復帰できるかCJ~!?」など、実況と会場のガヤも修羅ブラの見どころなのでぜひ観戦してみてください。

スマブラ武者修行 in アメリカ

f:id:GCC:20180518182411p:plain
画像はJACK HOUSEより

上記2大会で準優勝の成績をおさめ、自身の『スマブラDX』プレイヤーとしての実力が現代シーンで通用することを証明したCJさん。

さらなる進歩のため、3ヶ月におよぶアメリカ武者修行の旅を敢行しています。

「いち早く昔の輝きを取り戻し、最新のプレイスタイルにキャッチアップできるよう特訓します」(「俺より強い奴に会いに行く。2/21から3ヶ月間、アメリカへスマブラ武者修行の旅へ行ってきます!」

The Scar and Toph Show出演

 

「いいジャケットじゃん」(03:05-03:45)、「リア充って英語だとノーミーって言うんだよ」(05:10-05:40)とかお酒飲みながらトークしています。TophさんがCJさんがしばしばモノマネする、じゅんいちダビッドソンさんのことを知っていることも発覚(37:10-37:55)。

Tophさんによるスリーショット。

これまでの成績の一部(Smash Wikiの選手ページより)。

f:id:GCC:20180518202325p:plain

 

週大会優勝ツイート。

これはThe Scar and Tophゲスト出演の少し前のツイート。

うーん、アメリカの猛者たちと試合を重ね、餃子を作り、めちゃくちゃ「ノーミー」してますね。

スポンサードサーチ

まとめ

さて、『スマブラDX』プレイヤーとしてのCJさんをご紹介してきた今回。これまでの彼の『スマブラDX』歴やリタイアから復活後の活躍をご紹介してきました。

「プロブロガー」としての彼について知っている方は多いと思います。

これに加えて、競技としての『スマブラDX』の世界に身を置き日々練習に励み大会に臨む彼の活動について知っていただけたらうれしいです。

RELATED POST