ほぼ月2

『ほぼ月2刊スマデラ新聞』 #3 「ゲーマー」住まう「シェアハウス」

「シェアハウス」に住まう『スマブラ』プレイヤーにスポットライトを当てて書かれた、今回の『ほぼ月2刊スマデラ新聞』(以下『ほぼ月2』と略記)。「シェアハウス」とはいったいどのような生活なのでしょうか?リアルな声を聞いてみました。

 

また、同「シェアハウス」では、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』と『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』(以下それぞれ『スマブラDX』『スマブラfor』と略記)を種目として採用する宅オフ大会が開かれており、一味違った「シェアハウス」レポートにもなっています。

 

「ゲーマー」が「シェアハウス」?

f:id:GCC:20180419034705j:plain

「ゲーマー」と「シェアハウス」、これらの言葉がマッチすることがあるのだろうか。「シェアハウス」といえば「〇ラスハウス」(以下「テ〇ハ」と略記)のようなウキウキワクワク男女共同生活をイメージする方が多いかもしれません。

 

「シェアハウス」といえば、V3 Esports所属のスポンサードプレイヤーCaptainJack(@CaptainJackssb)さんの運営するオンラインサロンのPRガールである世界のマキタ(@sekainomakita55)さんが精力的に「シェアハウス」の魅力を伝えていますね。

 

「シェアハウス」とは

「シェアハウス」とは、複数人で一軒家に住むこととその生活形態を指す言葉。これと似たものに「ルームシェア」という生活形態がありますが、こちらはアパートの広めの部屋に複数人で住むものです。

 

庭付きの一軒家であることや海外からやって来た住人を多く受け入れていることを前に出し、農業や国際交流などをウリにしている「シェアハウス」があったりもします。

 

なお、筆者は以前に「ルームシェア」をしていたことがあり、その経験談を少し交えて「ゲーマーの経験者が考えるルームシェアのメリットとデメリット」という記事を書いているので、よかったら読んでみてください。

 

「ゲーマー」と「シェアハウス」

「シェアハウス」の中には、ゲームをコンセプトにするところもあります。それがビジネスかどうかは脇に置きますが、この種のもので『スマブラ』に軸を置くスタイルの共同生活がいくつも誕生してもおかしくはないなぁと思っています。

 

f:id:GCC:20180315104211p:plain
CYAC様のWebページよりスクショ
f:id:GCC:20180315114223p:plain



「シェアハウス」スマブラー現る

さて、『スマブラDX』界隈のプレイヤーにスポットライトを当ててきた『ほぼ月2』。今回、現役で「シェアハウス」に住まうスマブラプレイヤーへのインタビューに成功しました。 椎名猪口(@SheenaChocolate)さんです。

 

どんな生活を送っているのか気になります。「テ〇ハ」みたいな男女共同のウキウキ生活なんでしょうか?それとも、全同居人がスマブラーで練習相手に事欠かない『スマブラ』生活なんでしょうか?

 

どんな「シェアハウス」なの?

では、さっそくインタビューしていきましょう!以下、『ほぼ月2』サイズでお送りしていきます。

 

「シェアハウス」に住むきっかけはなんだったんですか?

 

引っ越し先を探しているところに知り合いの建築会社の人から声がかかったんです。

 

へ~そんなことあるんですね!

 

なかなか運がよかったですね。紹介された当時は僕しか住んでいなかったので好き勝手やってました。

 

ってことは「女の子がいるかもワクワク」みたいなことはなかったんですね…。

 

この時点で某「テ〇ハ」みたいな生活ではない感じが漂ってきました。「シェアハウス」といえども色々ということですね。「シェアハウス」に対する期待を煽ってしまい、筆者は申し訳なく思っています。

 

なかったですね~。まぁといっても女の子の友達を家にあげたりはしましたけどね(笑)

 

「俺のウチ広いんだぜ?」って言ってみたいです。

 

ナンパチックですね(笑)

 

昔の漫画のセリフにありそうですよね(笑)

 

実際友達を誘うときはそんな感じで声かけます。台所がそこそこ広くて焼肉もできるのでパーティー開いてます(笑)

 

(この男、「シェアハウス」を有効活用している…さては「テ〇ハ」してんな?笑)

 

同居人

自身の住む「シェアハウス」に友達を誘ってパーティーをするそんなパーティーボーイの椎名さん。同居人事情について伺ってみました。

 

「シェアハウス」に対して不安はなかったんですか?

 

不安は特にありませんでしたね。周りのことをあまり気にしない性格なので「まぁなんとかなるだろう」と思っていました。旅行先の駅構内で5回位寝てます(笑)

 

旅先のおもしろいエピソードたくさんありそうですね(笑)ところで、椎名さん以外に何人の同居人がいらっしゃるんですか?

 

今は1人です。同居人もゲームが好きでオフ会を開くことに理解があって助かっています。

 

現在の同居人の方は理解のある方で問題なく過ごせているようですね。オフ会についてのことを聞くと、『スマブラ』プレイヤーとしては共感するのではないでしょうか?こういう同居人の存在はとても助かると思います。

 

想像とリアル

何ごとも始める前の想像と始めた後の実際は、多かれ少なかれ、違うもの。「シェアハウス」に対する椎名さんの想像とリアルはどうだったのでしょうか?

 

実際に「シェアハウス」をしてみて想像と違ったことなどありますか?

 

実際に生活を始めてみるとですね…ちょっと暗いことを言ってしまうようですが、「どんな方が入ってくるのかがひたすら怖い」と思う部分があります(笑)

 

色々あったんですね(笑)

 

言いにくいことですが、以前に住んでいた方がちょっと面倒な方でかなりストレスでした。その際「あぁ俺は周りに何があっても気にしない人間だと思ってたけど、そうでもないんだな」ということを実感しました。

 

「シェアハウス」はそこらへんの運要素を避けられませんからね。大変でしたね。椎名さんの思う、メリットとデメリットを教えてください。

 

【メリット】①家が広い②キッチンがでかい③役割分担で楽ができることもある。

【デメリット】①同居人選びが運ゲー②役割分担が面倒になることがある③常に家に人がいることでストレスになる。

こんな感じです。僕の場合は「人と話すのが好き!」って感じではないので、家に他人がいることのメリットはほとんどないですね笑

 

ちょっと心配になってきました(笑)

 

BBQ付きのオフ会

さて、椎名さんにとっての「シェアハウス」のデメリットが濃厚なので「シェアハウス」が向いていない説が浮上しつつありますが、他方、「(状況依存ではある一方で)大きな家を好きに使えること」が大きなメリットになっているそうです。

f:id:GCC:20180427200510j:plain

 

引っ越す前からオフ会を開いてみたいと思っていたので、その点では今行っているようなハイクオリティで実現させることができたのはうれしいです!

 

BBQあり、『スマブラ』あり、トーナメントありの宅オフは、椎名さんの宅オフしかないですからね!広く知られるようになって人気が爆発してもおかしくないと思っています!!

 

大きい規模の宅オフならあるかもしれませんが流石にBBQはないだろと思ってます笑 ゲーマー向け「シェアハウス」に変えれば多少入居者も増えるんじゃないかとは思いますね。そういう文化を作っていきたいです。

 

実際、BBQの簡単な知識とかおいしい肉の部位とかそっちにリーチ広げながら宣伝したらどうだろうかと想像したりしました(笑)

 

あーなるほど!その発想はなかったです。BBQガチ勢になるしかない!

 

主役がBBQのオフ会でワイワイガヤガヤみんなで『スマブラ』をプレイする。そんな感じのオフ会があったら、『スマブラ』をしない方でも参加しやすく、大勢集まりそうです。パーティーボーイ椎名の本領を見ることになるかもしれませんね。とても楽しそう。

 

f:id:GCC:20180419113031j:plain
「焼きは任せろ。『スマブラ』してろよ~」

 



 

The Shiina House

f:id:GCC:20180403121821j:plain

少し触れましたが、椎名さんの宅オフではトーナメントが組まれます。ご自宅で開催されるタイプの大会です。これと同じタイプの大会にDo Home Cupがありますね。「宅オフ大会Do Home Cupオフレポ(千葉)」も読んでみてください。

 

椎名さん主催の大会”The Shiina House“は、”The Big House”という大規模大会にちなんで名づけられています。アメリカにて開催されている同大会のPVはこのようになっています。この機会にアメリカ『スマブラ』界隈の雰囲気を感じてみてください。

 

 

加えて、椎名さんがアーティストの椎名林檎さんのファンということで、彼女のアーティスト名に由来しているという命名秘話もあります。

 

特色

“The Shiina House”は『スマブラDX』と『スマブラfor』の両作品を競技種目に採用しています。BBQができるウッドデッキと『スマブラ』シリーズを広く遊ぶことができる環境を備えた宅オフ会場という、唯一無二の特徴を同大会は備えているのです。

 

大会動画

今回は「シェアハウス」がテーマなので大会にスポットライトを当てることは別の機会に譲りますが、大会の動画が椎名さんのTwitchチャンネルに残されているので、ぜひ見てみましょう。

 

Sigh(@Sigh_DX)選手と雑兵(@Zappay38)選手による『スマブラDX』のグランドファイナルは07:34:00開始、DT | Pazx(@Pazx13)選手とろっこん(@ROKKON_SUMA)選手による『スマブラfor』のグランドファイナルは08:03:40開始です。

 

 

各部門トーナメント表

両種目のトーナメントは以下の通りです。

 

『スマブラDX』部門

The Shiina House ~DX部門~ – Challonge

雑兵選手、優勝おめでとうございます!

 

『スマブラfor』部門

The Shiina House ~WiiU部門~ – Challonge

ろっこん選手、優勝おめでとうございます!



 

編集後記

さて、「ゲーマー」と「シェアハウス」というテーマで書かれた今回の『ほぼ月2』でしたが、「シェアハウス」には楽しいことだけでなく、それ特有の苦労があることがわかりました。

 

以前の「ルームシェア」記事では共同生活を好意的に紹介した部分もありましたが、共同生活のメリット・デメリットは本当に人それぞれ。椎名さんもデメリットを上げていましたね。

 

「シェアハウス」と「ルームシェア」。生活形態は異なりなすが、共同生活という共通点でもって、以前の記事と関連付けてこのような記事を書けたことは収穫でした。今後もこのような記事を書いていきたいと思います。