対戦会

【国内最速スマブラSP(スペシャル)ユーザー大会】スマブラDXのゲームイベントMasterHand40にて最新作スマブラSPの種目採用が決定!

関東のフォックス使いたちによる狐部や強豪プレイヤーが乗りこみ、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)東西対決の様相を見せたMasterHand39。

【速報版】MasterHand39の覇者、決まるー大阪に上陸した嵐のゆくえはー2018年11月3日(土)に大阪にて開催された『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)のゲームイベント大会Mas...

嵐がさったのも束の間、2018年12月8日に開催されるMasterHand40にて、今まで唯一の種目として採用されていた『スマブラDX』に加え、シリーズ最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』(以下『スマブラSP』と略記)も種目採用されることが決定しました。

トーナメントの1種目として採用されるこの最新作。この形式でのユーザーイベント採用は国内最速です。

MasterHandは大阪にて毎月開催されているイベントですが、大阪以外にお住まいの方でもいつか参加する機会があるかもしれませんし、加えて国内最速の『スマブラSP』ユーザーイベント大会ですから、同大会について情報を目に入れておいて損はないと思います。

MasterHand40参加申請はこちら!

 

さて、ということで今回は

  • どのようなイベント?
  • 『スマブラSP』のルールは?
  • 参加費や使用可能なキャラは?
  • MasterHandってなに? 

という方に特におすすめ。

 

ではいってみよう!

スマブラSPを種目採用した国内最速ユーザー大会


これまでNintendo Live 2018(東京)やRage 2018 Summerなどの大型ゲームイベントにて体験会が開かれ、一部のプレイヤーたちは『スマブラSP』をプレイする機会に恵まれてきました。

SNSやYoutubeなどの媒体を通じて国内の体験会情報や海外の体験会情報が私たちの間で共有されてもきました。中には限られた情報からキャラクターの個性やそれに適した戦略を考察する方々もいます。

ただ当たり前ですが、発売日までは基本的にほとんどのプレイヤーが『スマブラSP』を触ることができないわけです。

そんな中、『スマブラSP』を種目採用した国内最速のトーナメントが開催されることが決定しました。このユーザーイベント名は上のツイートアカウントにあるようにMasterHand。なんと『スマブラSP』発売日の翌日です。

MasterHandのWebページをチェック

スマブラSPとスマブラDXが両方プレイできる

MasterHand40にて種目採用される『スマブラDX』と『スマブラSP』。参加者は両種目にエントリーすることが可能です。

参加費や使えるキャラクターなどについては下で紹介しています。

まだ『スマブラSP』のシステム理解やキャラクター対策などが確立されていない発売直後の時期ですし、以下で紹介しているように大会ルールについてもカジュアルなものになっています。

気軽に最新作を触るくらいの気構えで参加することができますね。

『スマブラSP』を目当てにMasterHand40に参加するプレイヤーの方も、国内外で長年愛され海外のメジャーな大会でも種目採用され続けている『スマブラDX』を触ってみると、さらに充実した休日になると思います。

この大会に参加するにはSmash.ggというイベントポータルサイトにて参加申請する必要があります。このサイトは大会運営側と参加者にとってうれしい特徴を備えており、Smash.ggを採用する大会やイベントが続々と現れています。

ただ、これまで「こくちーず」経由で参加申請することが多かったことで、多くのプレイヤーにとっては不慣れなサイトになっているかもしれません。

当ブログにてSmash.ggのユーザー登録や大会への参加申請についての記事を読むことができるので、参考にどうぞ。

ユーザー登録方法

【簡単3ステップ!】 Smash.ggのユーザー登録方法(ゲームイベント大会ポータルサイト)Smash.ggのユーザー登録方法を3ステップでご紹介です。Smash.ggは、EVO2017でも使用された大会紹介や参加者募集のための...

イベント参加申請方法

【楽々5ステップ!】ゲームイベントや大会にSmash.ggで参加申請する方法Smash.ggでゲームイベントや大会に参加申請する機会が多くなってきましたね。 これまで国内のイベントは「こくちーず」などを通じ...

MasterHand40参加申請はこちら!

 

スマブラSP種目採用にあたってMasterHand主催者からアナウンス(環境やルールおよび参加費等)

MasterHandのWebページに詳細が書かれているので、ここでは一部抜粋という形で主催者のアナウンスに言及します。

  • 【環境】
    2018年11月9日時点で使用可能な対戦台は3台。
    ⇒最低でも参加者によって2台分の任天堂Switchと『スマブラSP』が必要になるため、持参者を募っています。
  • 【ルール】
    MasterHandの『スマブラDX』ルールが適用される。
    ⇒将来的には世界基準になる予定。ルールはこちら
  • 【トーナメント形式】
    トーナメントは予選なしのダブルエリミネーション形式で行われる。
    ⇒この形式については「【ルール解説】ダブルエリミネーションとは」を参照してください。
  • 【使用可能キャラクター】
    試合が行われる時点で会場内のすべての台で使用可能なキャラクター。
    ⇒ある台では使用可能で他の台では使用不可能なキャラクターではプレイできません(参照ツイート)。
  • 【参加費】
    参加費は選手としてトーナメントに参加する場合は1.000円(DXのみかDXとSPでも変わらず)。
    トーナメントには参加しないフリープレイの場合は500円
    見学のみの場合は無料

MasterHandのWebページでCHECK!

 

MasterHand概要

大阪府にて毎月開催されている関西における代表的な大会です。主催者はKounotoriさん。彼はイベントオーガナイザー兼現役の『スマブラDX』プレイヤーです。

場所やアクセスなどの更なる情報はMasterHandについてまとめた「『スマブラDX』のゲームイベント定期大会「MasterHand」紹介(大阪)」という記事がありますので、そちらをどうぞ。

基本的に毎月開催しているので、関西の『スマブラDX』のイベントとしてはかなり参加しやすいものです。

『スマブラDX』のゲームイベント定期大会「MasterHand」紹介(大阪)MasterHandは、問題がなければ毎月1回の頻度で大阪にて開催されている『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略...

 

まとめ

さて、ここまでポイントを掻い摘んでMasterHand40の紹介をしてきました。

国内最速でトーナメント形式が採用される『スマブラSP』をプレイできるキャッチーなイベントですね。

ただ、それと同じかそれ以上に、少額の参加費で『スマブラDX』と『スマブラSP』を遊べるということがとても魅力的。

同じ会場内を少し歩くだけで、これらのゲームをプレイすることができるのです。

 

ABOUT ME
MARINE
MARINE
『スマブラDX』のプレイヤーでブロガー。主に「競技としての『スマブラDX』」を入り口にして、インタビューしたりeSports記事を執筆したりしています。競技人口を増やすための「はじめて講座」も連載中。外部メディアへの寄稿やゲームに関係しない翻訳案件のお仕事も行っています。お仕事のご相談お問い合わせまでお願いいたします。