初心者

ゲームイベント?『スマブラDX』の大会ってなにするの?ー『スマブラDX』はじめて講座①ー

「競技としての『スマブラ』?最近eSportsとか耳にするもんね。大乱闘じゃないんだよね?ちょっとは触ったことあるけど、競技としての『スマブラ』ってどんな感じなのかイマイチわからないなぁ」。

 

そうそう、そうなんだよね。友達の家で4人プレイするイメージの方が強い。私もそうでした。なんなら今でもアイテム使って乱闘するしね。楽しいんだよなぁ。

 

任天堂の代表作の1つでシリーズ2作目にあたる『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)は、国内外でトーナメント方式の大会が開かれるなど、発売から17年近いのにも関わらず現在でも盛り上がり続ける稀有なゲームです。

アイテムを駆使して4人同時にプレイする「大乱闘」がメインのこのゲーム。ひとたび「競技」になると、どのような形を採ることになるのでしょうか。

 

試合形式

『スマブラDX』の試合では、主に2つの形式が採用されてるんだ。

 

①シングルス
⇒1対1のタイマン形式

②ダブルス
⇒2対2のチーム戦形式

 

シングルスではプレイヤー同士が火花を散らし、どちらがより強いプレイヤーなのかを証明するために競い合います。トーナメントでは個人としての順位がシンプルにわかる。ライバルの使用するキャラクターや戦法を研究することが必須になります。

 

ダブルスでは相手のチームよりもチームワークを発揮したプレイヤーたちが勝利します。シングルスと戦略が異なるのでより複雑な理解が求められます。不利な状況でも互いに協力することで突破口が見つかるなど、シングルスには無い楽しみが。



 

アイテムは使えるの?

基本的にアイテムは使えないよ。ただ、使えるアイテムがちょっとだけあるんだ。

 

使用可能:ピーチが地面から抜くアイテム

・カブ

・どせいさん

・ボム兵

・ビームサーベル

 

『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのヒロイン、ピーチ姫は下B攻撃で飛び道具のカブを地面から引き抜きます。この際、とても少ない確率でカブではなく上記のアイテムのうちいずれかを手に入れることがあるのです。



 

スマブラで勝つためには何をすればいいの?

『スマブラ』で相手に勝つにはステージからキャラクターを落として撃墜すればいいんだ。イメージで言うと、相撲に近いかもしれないね。

 

ステージ端のルイージが相手に攻撃

 

ステージに戻れず落下して撃墜された相手

 

仮にこの調子でルイージが相手のストックを合計で4つ削ると、ルイージはこの試合に勝利することになります(画面右端、相手のストックが削られる様子がちょうど写っています)。このように『スマブラDX』の試合はとてもシンプル。



 

ちょっと観戦

さき程の画像、ズドーン!って感じだったね。さて、動画で確認してみよう。丁度いいところから開始されるからね。そのまま「競技としての『スマブラDX』」を観戦だ。

 

 

 

✔観戦、6つのコツ

競技としての『スマブラDX』を楽しく観戦するためのコツ6選!Smash at IU BloomingtonのYoutube動画より 今回は、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマ...



 

まとめ

さて、競技としての『スマブラDX』は以上のような土台にて競われています。実際に対戦を行う場合、ステージなど、これ以外にも細かなルールは存在しますが、ここで言及されたことを念頭に置いておけばひとまずOK。観戦も対戦も始めることができますよ。

 

✔すでに対戦方法が気になる

https://www.translationofmelee.com/rock-paper-scissors-for-biginner/

 

ところで、画面上にパーセント表示があったことに気づいた読者の方はいるでしょうか?実はあの表示、相手に勝てるかどうかにとても関係してきます。相手に効率的に勝つためのポイントに関わってくるこのパーセント値。観戦視点から、このあたりのことを含めたより詳しい知識を以下の記事にまとめています。

 

✔効果的に勝つための手掛かり

【ルール解説】競技としての『スマブラDX』と他の作品に共通する勝敗の基準「場外に相手を出したら勝利!!」。競技としての『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)を観戦する際に、最低限必要...

 

ABOUT ME
MARINE
MARINE
『スマブラDX』のプレイヤーでブロガー。主に「競技としての『スマブラDX』」を入り口にして、インタビューしたりeSports記事を執筆したりしています。競技人口を増やすための「はじめて講座」も連載中。外部メディアへの寄稿やゲームに関係しない翻訳案件のお仕事も行っています。お仕事のご相談お問い合わせまでお願いいたします。