KindleUnlimited

KindleUnlimitedを実際に使ってみた!おすすめ読み放題書籍!赤ヨッシー使いaMSa(あむさ)著『日本人初プロスマブラーの軌跡』を紹介!

月額980円で130万冊以上の書籍が読み放題になるKindleUnlimitedに、このブログの主題である『大乱闘スマッシュブラザーズDX』に関係する書籍がついに対応しました。

そう!

その本とは、このブログの読者なら一度は耳にしたことがあるであろう『日本人初プロスマブラ―の軌跡』(aMSa著、三才ブックス、2016年)です。

ということで、今回はKindleUnlimitedのスマホアプリを使うとどのような感じで同書が読めるのかを紹介していきたいと思います。

ちなみに、このサービスを活用するためのKindlePaperWhiteなどの専用デバイスを利用するととても便利ですが、スマホがあれば無料アプリをダウンロードするだけで不自由なくKindleUnlimitedを使い倒すことができます

また、読むことができる書籍の数だけでなく、30日間の無料体験期間が誰にでもついてくることからも、同サービスの自信をビシビシ感じることができますね。

公式ページCHECK

ダウンロードと会員登録方法そして無料期間中の退会手続きについて▼

【簡単4ステップ】AmazonKindleUnlimitedの登録方法!30日無料体験期間も活用できる!今回は、AmazonのKindleUnlimitedというサービスの登録方法に絞って、4ステップでシンプルに紹介していきます。 ...
早速いってみよう!

aMSa(あむさ)著『日本人初プロスマブラーの軌跡』の内容をシンプルに紹介

こちらの書籍は日本人で初めてスポンサー付きのスマブラプレイヤーになった、赤ヨッシー使いaMSaさんの著書です。

当時アメリカの大手配信会社VGBootCampからスポンサードされたaMSaさん。

現在は、レッドブルアスリートになったり、最新作の『スマブラSP』の開発に一部協力したり、任天堂の公式大会の解説役を務めたりと、幅広い活躍を見せています。

スマブラという競技シーンで世界的に活躍することになる1人の青年が紡ぐ物語の序章」

一言で表現すると、『日本初プロスマブラーの軌跡』はこのような本です。

さて、同書のページをめくると…

  • 『スマブラDX』競技シーンデビューのきっかけ
  • 初の海外遠征
  • スポンサーとなったVGBootCampとのやりとり
  • ライバルや国内『スマブラDX』史についての話
  • 有名外国人選手たちの素顔の一端

こういった数々の興味深いエピソードがあなたの目に飛び込んでくることになります。

スマブラに限らず、何かしらの競技シーンは生の体験をもとにした個別の歴史を持っているもの。

この本を読むことで、スマブラプレイヤーとしてその第一線を走り続けている著者の目線でその歴史の1つを追体験することができます。

世界ランキングの上位に名を連ねた際の記事も以前書いているのでこちらもどうぞ▼

最新スマブラDX世界ランキング(SSBMRank2018)にてaMSa選手が9位に!*アイキャッチはスマブラDX世界ランキングより。 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)の世界的な選手と...

スポンサードサーチ

ダウンロードして実際に開いてみる

さて、KindleUnlimitedのアプリにaMSaさんの著書をダウンロードしました。

アプリ上では画像のように同書のデータが読み込まれます。

紙の方でも持っていますが、このようにKindleUnlimitedに対応してアプリでも読めると思うと、自然と「おおおぉっ」と声が漏れました。

ダウンロードが完了しページをいくらかめくると下の画像のように「まえがき」が。

ページ下部に章ごとの「読了時間の目安」が表示されているところは、電子書籍っぽさが感じられますね。

スポンサードサーチ

Kindleならでは4つの機能を使って読んでみた

では、電子書籍ならではの読み方をしながら『日本人初プロスマブラーの軌跡』を読んでいきましょう。

今回紹介するKindleの便利な機能は以下の4つ。

  • 目次機能
  • 単語検索機能
  • メモ機能
  • シェア機能

実際にこれらの機能を使用するとどのような感じになるのか、画像付きで紹介しています。

【Kindle機能①】こんな感じで目次から読みたい章を選択できます

アプリの上部をタップすると画像のように目次を表示することができます。

ここから気になる章を選択するとパッと画面が切り替わり、お目当ての章へとページが一気にめくられます。

『スマブラDX』には「五神(ごしん)」と呼ばれてる一群の強豪プレイヤーが存在します*。

*「五神」にどのプレイヤーが入れられるのかといったことについては競技シーンの発展とともに議論がありますが、それについては触れません。

一般のプレイヤーにとって彼らに会うことはなかなか難しいことですが、そんな彼らについて触れられた章を実際に戦ったこともあるaMSaさんが執筆してくれているので、私たちプレイヤーが気になる生の情報を知ることができます。

同章からArmadaについての一節を引用しましょう。

初対面のときはほとんどしゃべらなかったのでおとなしい性格なのかと思ったら、英語が話せないからしゃべらなかったそうだ〔中略〕今では非常によくしゃべる〔中略〕僕はArmadaに日本からコントローラーを送ったこともある。海外のコントローラーは高いため、日本から送ってくれと言われたのだ

この他にも世界最強のプリン使いが人間味に溢れ努力家であること、そのプレイスタイルから「ロボット」と呼ばれるプレイヤーが実はロックスターのような性格であることなど、読めば読むほど「なんだよ漫画かよ!」みたいな『スマブラDX』の競技シーンを覗くことができるようになっています。

ちなみに、Kindle版は白バックに黒文字が表示されているのみになっている一方で、紙の書籍の方では「スマブラ五神と神殺し」の章は紙質が他のページとは異なるしかたで綴じられています。

この点を踏まえる場合、コレクター的には紙の書籍の方がいいかもしれません。

紙書籍『日本初プロスマブラーの軌跡』をCHEKE

【Kindle機能②】単語検索機能を活用すればページが思い出せなくても大丈夫

本を読んでいるときにありがちな「あれ?あのページどこだっけ?確か○○って単語が入った文章があったんだよなぁ」という瞬間。

Kindleならこれをすぐに解決できます。

電子書籍の画面をタップすると下の画像のようなメニューバーが表示されます。

この中の虫眼鏡のアイコンをタップすると、単語検索画面が開きます。

そこに探したい単語を打ちこんで検索してみましょう。

今回は「Sanne」という単語で検索機能を活用してみました。

このように、「Sanne」が含まれた文章が書かれたページが一覧されます。

紙の書籍だと付箋をいくつも貼らなくてはならないところ、Kindleならそんなことしなくとも、検索機能で瞬時にあなたの見つけたいページを発見することができます。

ちなみに、Sanneとはフォックスをメインとする国内強豪プレイヤー1人で、aMSaさんとライバル関係にあります。

なお、同書における「Sanne」は27回登場します。

【Kindle機能③】注釈機能で任意の場所にメモを残せる

上の画像にあるように、気になる文字をタップしたまま上下にスクロールすると文字を青色のマーカーで囲うことができます。

このとき、「メモ」機能を活用すると注釈を入れることが可能になります。

【Kindle機能④】SNSに文章をシェアすることができる

文字をマーカーで囲うと、「メモ」以外にもいくつかのメニューが表示されます。

その中には「シェアする」という項目も。

これを活用すると選択したSNS上にあなたが引用したい文章をアップすることができます。

もちろんTwitterもありまして、こんな感じでシェアされます。

スポンサードサーチ

KindleUnlimited概要

ではここで、130万冊以上の書籍が読み放題になるKindleUnlimitedの概要を少し紹介しておきましょう。

メリットとデメリットを抜粋です。

同サービスの登録方法や無料お試し期間中にサービスを中断する方法についてはこちら

【簡単4ステップ】AmazonKindleUnlimitedの登録方法!30日無料体験期間も活用できる!今回は、AmazonのKindleUnlimitedというサービスの登録方法に絞って、4ステップでシンプルに紹介していきます。 ...

メリット

KindleUnlimitedはあらゆる種類の読書好きのために数々のメリットを用意してくれています。

  • 月額980円で和洋あわせて約130万冊の書籍を読み放題。
  • 月に1~2冊読むだけですぐに元が取れる。
  • 読み放題対象の書籍のバリエーションが豊富。漫画に始まり、ハードカバーの書籍、写真集や週刊誌まで(上で紹介しているように大人向け雑誌も対象に含まれています)。
  • 物理的な書籍を購入するわけではないため、自室のスペースを無駄に消費せずに済む(詳しくはこちら)。
  • 外出先に何冊分もの書籍をデータとして持参できる。

KindleUnlimited公式ページ

AmazonのKindleUnlimitedとは?月額いくらかかるの?必要なデバイスはある?サービス内容とメリットやデメリットの紹介!KindleUnlimitedの料金やサービス内容、メリットやデメリット、そして実際に書籍を読んでみた際のレポートをあわせて紹介しています。これ1本でまるわかり。...

デメリット

便利でお得なサービスといえど、視点によってはデメリットとなりうるものがあります。

  • Amazon上のすべての書籍が読み放題になるというわけではない。
  • 専用のデバイスや無料のアプリをインストールする必要がある。
  • 同時に保持しておけるデータは10冊まで。
  • そこまで読書をしないのであれば、月額換算325円のAmazonPrime会員限定PrimeReadingで事足りる可能性がある。

2つ目と3つ目については、人によってデメリットと感じられるものになるでしょう。

とはいっても、冷静に考えると月1,000円もかけずに130万冊を読めるので、本を読む人であれば客観的な損失はほとんどないと言ってもいいくらいです。

プライムリーディングについての記事▼

アマゾンプライムリーディング(PrimeReading)とは?サービスのメリットとデメリットは?どんな本を無料で読めるの?アマゾンプライム会員向けの特典の1つプライムリーディングのメリットとデメリットを紹介しています。無料で読むことのできる本のレパートリーもあわせてどうぞ。...

スポンサードサーチ

まとめ

さて、ここまで『日本人初プロスマブラーの軌跡』と、読書に活用したKindleUnlimitedのサービスを紹介してきました。

スマブラ好きにはたまらない内容がぎっしり詰まった同書籍の魅力をもう一度リストにすると…

  • 『スマブラDX』競技シーンデビューのきっかけ
  • 初の海外遠征
  • スポンサーとなったVGBootCampとのやりとり
  • ライバルや国内『スマブラDX』史についての話
  • 有名外国人選手たちの素顔の一端

などなど、興味深いエピソードの数々があなたの目に飛び込んでくることになります。

スマブラという競技シーンで世界的に活躍することになる1人の青年が紡ぐ物語の序章」

これを機に手にとってはどうでしょうか。

あわせておすすめしてきたKindleUnlimitedは30日間の無料お試し期間がついてくるので、そちらもCHECKしてみてください。

ABOUT ME
MARINE
MARINE
『スマブラDX』のプレイヤーでブロガー。主に「競技としての『スマブラDX』」を入り口にして、インタビューしたりeSports記事を執筆したりしています。競技人口を増やすための「はじめて講座」も連載中。外部メディアへの寄稿やゲームに関係しない翻訳案件のお仕事も行っています。お仕事のご相談お問い合わせまでお願いいたします。