KindleUnlimited

AmazonのKindleUnlimitedとは?月額いくらかかるの?必要なデバイスはある?サービス内容とメリットやデメリットの紹介!

AmazonのKindleUnlimited。

2014年にアメリカでサービスが開始され、2016年に日本に上陸したこのサービス。

CMなどで耳にすることも多く、「アマゾンの電子書籍か~」というくらいのイメージは世間に浸透しています。

ただ、アマゾンはユーザー向けに数々のサービスを展開しており、同サービスがどんなものなのか具体的に知られていないというケースも。

とくにアマゾンプライムリーディングと混ざってしまうことがあるでしょう。

これらの違いをざっくり表現すると

  • プライムリーディング
    ⇒アマゾンプライム会員特典。
  • Kindle Unlimited
    ⇒Kindleフル活用プラン。

となります。

この記事では、この中からKindleUnlimitedを紹介していきたいと思います。

サクッと公式ページ

実際にKindleUnlimitedを活用して書籍を読んだ際の記事もあります▼

KindleUnlimitedを実際に使ってみた!おすすめ読み放題書籍!赤ヨッシー使いaMSa(あむさ)著『日本人初プロスマブラーの軌跡』を紹介!『日本人初プロスマブラーの軌跡』がKindleUnlimitedに対応したので、Kindleの便利機能を活用しながら同書を紹介します。...
いってみよう!

KindleUnlimitedのサービス内容

KindleUnlimitedを利用すると、あなたは膨大な量の書籍から好きな本を選び読み放題になります。

そのサービス内容は以下のとおり。

和書12万冊と洋書120万冊が読み放題

これらの本はすべて読み放題対象の和書籍です。

「新着」や「おすすめ」そしてあなたの書籍購入履歴に基づいた商品紹介などを、アマゾンが行ってくれます。

洋書籍もご覧のとおり。ベストセラーから新着など気になるポップがつけられた本がずらりと並びます。

ゲーマー向けや大人向けの本も読み放題

さて、和洋あわせておよそ130万冊以上の書籍が読み放題なのですから、当然読める書籍のレパートリーはとんでもないことになっています。

上で紹介した雑誌やハードカバーもの以外にもこんなものが。

ゲーマー御用達の雑誌▼

『週刊ファミ通』を読むこともできます。

KindleUnlimited対象のバックナンバーもあるので、一気読み可能ですね。

大人向けの書籍▼

KindleUnlimitedには大人向け書籍も含まれています。

上の『江口くんは見逃さない』といった漫画や和洋書籍の写真集などが読み放題です。

ここではサンプルとして男性向けの漫画をあげていますが、女性やLGBTの方をターゲットにした大人向けの雑誌もKindleUnlimited対象になっています。

たったの月額980円

膨大な数の書籍が読み放題になるKindleUnlimitedは月額制。

その額980円と、かなり良心的な料金設定になっています。

漫画がおよそ500円、ハードカバーの書籍がおよそ1,000円というのが世間の相場だと思いますが、これらのうちから1~2冊読めば元が取れてしまいますね。

30日間のお試し期間であればこの980円さえもかからずに、およそ130万冊の書籍が読み放題の対象になるというのだから驚きです。

アマゾンの公式詳細ページをチェック▼

スポンサードサーチ

KindleUnlimitedのメリット

KindleUnlimitedはあらゆる種類の読書好きのために数々のメリットを用意してくれています。

  • 月額980円で和洋あわせて約130万冊の書籍を読み放題。
  • 月に1~2冊読むだけですぐに元が取れる。
  • 読み放題対象の書籍のバリエーションが豊富。漫画に始まり、ハードカバーの書籍、写真集や週刊誌まで(上で紹介しているように大人向け雑誌も対象に含まれています)。
  • 物理的な書籍を購入するわけではないため、自室のスペースを無駄に消費せずに済む(詳しくはこちら)。
  • 外出先に何冊分もの書籍をデータとして持参できる。

KindleUnlimited公式ページを覗いてみる

スポンサードサーチ

KindleUnlimitedのデメリット

便利でお得なサービスといえど、視点によってはデメリットとなりうるものがあります。

2つ目と3つ目については、人によってデメリットと感じられるものになるでしょう。

とはいっても、冷静に考えると月1,000円もかけずに130万冊を読めるので、客観的な損失はほとんどないと言ってもいいくらいです。

プライムリーディングについての記事▼

アマゾンプライムリーディング(PrimeReading)とは?サービスのメリットとデメリットは?どんな本を無料で読めるの?アマゾンプライム会員向けの特典の1つプライムリーディングのメリットとデメリットを紹介しています。無料で読むことのできる本のレパートリーもあわせてどうぞ。...

スポンサードサーチ

便利機能を駆使しながら実際にKindleUnlimited対応の書籍を読んでみた

ところで、このブログでは『大乱闘スマッシュブラザーズ』というアクションゲームを主題として採り上げています。

最近KindleUnlimitedにこのゲームの関連書籍『日本人初プロスマブラー』が対応したので、Kindleの便利機能を活用しながら実際に読んでみまた様子を記事にまとめていました。

KindleUnlimitedを実際に使ってみた!おすすめ読み放題書籍!赤ヨッシー使いaMSa(あむさ)著『日本人初プロスマブラーの軌跡』を紹介!『日本人初プロスマブラーの軌跡』がKindleUnlimitedに対応したので、Kindleの便利機能を活用しながら同書を紹介します。...

スポンサードサーチ

KindleUnlimitedのサービスを利用するために必要になる2種類のデバイス

KindleUnlimitedはアマゾンが提供する電子書籍読み放題サービス。

電子書籍の特徴は世間で言われているように「場所を取らない」「持ち運びが簡単で便利」というのが代表的です。

これらの特徴をさらにバックアップするデバイスも、同じくアマゾンから販売されています。

あなたの読書スタイルをさらに便利なものにしてくれるそのデバイスの名は「Kindle」と「Fireタブレット」。

なお、これらを使用しなくてもパソコン向け無料アプリとスマホ向けに無料アプリがあるのでそちらで代用可能。

ただ、専用デバイスとして別で持っておくと容量の心配をせずに済みますし、書籍の読みやすさも段違いになってきます。

私は友人からもらったKindleを持っていますがPCよりも軽くスマホより大きな画面で読書できているので、やはり個人的には専用デバイスをおすすめします。

ということで、これらは共通点を持ちながらも各々に特化させた長所を持っているので、デバイスごとに紹介していきたいと思います。

Kindle

電子書籍の読書に特化したモデルです。

暗い照明の部屋で文字を読むことはもちろん、上の写真にあるように太陽の下でも細かな文字を読むことが可能。

他の特徴を抜粋▼

  • 薄く軽く持ち運びに適している。
  • 数千冊の書籍を保存しておくことができる(4GB)。
  • Wi-Fi接続に対応しているため、出先で新たに書籍を追加ダウンロードすることができる。
  • 辞書やウィキペディア検索などをページを離れずに同時に行うことができる。

アマゾン公式ページでさらに詳しく調べてみる

Fireタブレット

Fireタブレットは、Kindleよりも多機能なモデルとして作られています。

Kindleは読書に特化したモデルでしたが、こちらのデバイスを利用するとプライムビデオの動画を観賞したりアプリゲームを遊ぶことも可能に。

他の特徴を抜粋▼

  • AmazonMusicUnlimitedのサービスを併用すると4,000万曲以上の楽曲を楽しむことができる。
  • プライムビデオの作品をダウンロードして、それを持ち運び、オフライン状態でも楽しむことができる。
  • 写真撮影が可能になっていて、それをSNSに投稿することも容易。

アマゾン公式ページでさらに詳しく調べてみる

ABOUT ME
MARINE
MARINE
『スマブラDX』のプレイヤーでブロガー。主に「競技としての『スマブラDX』」を入り口にして、インタビューしたりeSports記事を執筆したりしています。競技人口を増やすための「はじめて講座」も連載中。外部メディアへの寄稿やゲームに関係しない翻訳案件のお仕事も行っています。お仕事のご相談お問い合わせまでお願いいたします。