スマブラDX雑誌

週末外出 デートにも使える おすすめスポット5選! #1 東京

今回は休日のお出かけのちょっとした参考にしていただける記事です。シリーズで増やしていきます。今回は池袋、上野、新宿、蒲田が舞台です。もちろん当ブログらしく『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下『スマブラDX』と略記)も登場するので、楽しみにしていてください。

 

「お出かけどこに行く?」

f:id:GCC:20180316191828j:plain

休日やちょっとした隙間時間など、「どこに行こうかな?」と考えるとき、よく行く場所といえばどこでしょう。個人的にはカフェや本屋さんまた居酒屋などによく行きます。その他にも動物園や水族館など、東京をはじめとした関東圏にはデートで出かける場所もたくさんあります。

 

カフェ(新宿、池袋)

わざわざ外出して行くのであればおそらくドトールやスタバなどよりは、最近だとサードウェーブと一括りにされる種類のカフェや喫茶店に足を運ぶ方が増えているように感じます。新宿駅の東南口すぐにある「ブルーボトルコーヒー」はその1例ですね。

 

イメージでいうとスタバの次世代コーヒーみたいな感じです。豆の品質に気を遣っていたり、じっくりとペーパードリップしてくれたりします。柑橘系のスッキリした風味があるものや、紅茶のように飲みやすいものを取り扱っています。サードウェーブコーヒーについては、ジョージアのWebサイト内にある「コーヒー業界の新潮流!3分でわかるサードウェーブコーヒー」が分かりやすいです。

 

ちなみに、僕は池袋によく行くのですが、「Coffee Valley」という「ジュンク堂」近くにある喫茶店のコーヒーはコーヒーが苦手な方でも飲みやすいと思います。サンドイッチもめちゃくちゃおいしいので、機会があればぜひ足を運んでみてください。

f:id:GCC:20180316193157p:plain

 

同店の雰囲気を知りたい方は「池袋に最高のコーヒーとパン! COFFEE VALLEY」というAll Aboutの紹介記事や上記の店舗Webサイトを覗いてみてください。同カフェの隣にはラーメン屋さんの「屯ちん」がありますが、ぜひともコーヒーを!!

 

動物園(上野)

動物園や水族館は年間パスが購入できるので、よく行く方は持っていたりしますね。お出かけということでいえば、上野は色々そろっている感じが強いですね。博物館、美術館、動物園が公園に行けばすべて徒歩圏内に揃っています。

 

f:id:GCC:20180317034405p:plain

 

動物園で動物を眺めたり生態を観察した後に上野でそのまま飲んでもいいですし、少し移動して浅草で一杯なんてのもよくあるコースなのではないかと思います。 ここら辺のお出かけスポットは定番の1つです。上野動物園の入園料は一般1人600円です。観察することのできる動物は350種類です。園内はとても広いのでゆうに半日は遊べます。ちなみに、以前パンダを観に上野動物園に行った際、当日にパンダが繁殖活動を始めてしまったため観覧不可になっていたのは苦い思い出です。

 

f:id:GCC:20180317065521j:plain
「おい人間!これからだからあっちいけ!!」

 

まぁあれですよね…向こうからしてみれば「人間におべっか使ってる場合じゃねぇ!」って感じだったと思います。みなさんはパンダが見られるといいですね。

 

「体験型のイベントってアリじゃない?」

ところで、ここまでに紹介したもの以外に体験型のお出かけスポットもあります。ここでは少し毛色の異なる興味深い休日イベントを紹介しようと思います。

 

VRゲーム体験(新宿)

f:id:GCC:20180316203224p:plain
VR ZONE SHINJUKUのWebサイトよりスクショ

 

新宿にあるVR ZONE SHINJUKUでゲームを体験するのもなかなか充実した休日になると思います。マリオカートや恐竜から逃げるサバイバルゲームまたモーションキャプチャシステムを活用した攻殻機動隊のフィールドゲームなど、計16種類のVRゲームを楽しむことができます。

 

こういう経済が成立しているところをみると、ゲームがとても大衆的な余暇の過ごし方の1つになってきていることがうかがえますね。ただ、これを存分に楽しもうとすると4,000円以上の費用がかかってしまうので、それがネックで未だに未経験なんですが、どこかのタイミングで行ってみたいです。 さて、僕がしばしば足を運ぶのは次の体験型イベントです。

 

対戦会で『スマブラDX』体験(蒲田)

f:id:GCC:20180316204116p:plain

 

『スマブラ』シリーズには対戦会が存在します。その中でも僕がよく参加するのは『スマブラDX』にスポットライトを当てた対戦会です。東京には他にも『スマブラDX』を取り扱った対戦会が開かれているので、下のオフレポを読んでその雰囲気を感じてみてください。なお、対戦会全体に言えることですが、参加者のレベルは初心者から上級者までいて、トーナメントに参加せずに『スマブラ』を遊ぶフリープレイなんかもできたりします。

 

決勝戦の模様は室内の大型スクリーンに映され、熱のこもった実況と解説を聞きながら、人間離れした対戦を観戦することもできますよ。彼女連れで足を運ぶ方もいらっしゃいます。どうですか、楽しそうでしょ? どの対戦会も参加費が1,500円以内におさまるので、体験型のイベントとしてはとてもリーズナブルです。

 

対戦会のグランドファイナル(決勝戦)の模様です。

 

『スマブラDX』対戦会の体験談

ただ、『スマブラDX』の対戦会といっても、あまり馴染みがない方の方が多いと思います。何ごともそうですが、最初の一歩ってなかなか踏み出しづらいんですよね。『スマブラDX』のトーナメントと聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、他にも「宅オフ」と呼ばれる小規模な対戦会は全国のいたるところで開催されています。文字通り、北は北海道、南は沖縄まで。ここではそんな「宅オフ」の体験談を綴ってくれている記事をいくつかご紹介です。

 

ボジトマの部屋

f:id:GCC:20180316205615p:plain

上述の関東最大規模の『スマブラDX』対戦会BGWの運営スタッフの1人であるボジトマ(@bozitomassbm)さんは、自身の初めての「宅オフ」の体験談を上記のブログで綴っています。参加してみようかどうか迷っている方がいらっしゃったらどうぞ下のリンクから彼の体験談を読んでみてください。きっと参加のハードルが下るはずです。

 

Sighの世界

f:id:GCC:20180316210121p:plain

ここでは、ブログ著者のSigh(@Sigh_melee)さんによる『スマブラDX』に主軸を置いた旅行記を読むことができます。全3部作の超大作ですが、書き方や内容のポップさが手伝ってスラスラ読み進めることができてしまいます。旅行記は下のリンクから読むことができますので、ぜひ読んでみてください。クスっと笑いながら『スマブラDX』旅行をした気分になれます。

 

まとめ

さて、以上で今回のお出かけスポット紹介を終りたいと思いますが、こうやって並べてみてみると、普段馴染みのなくても「半年に1回くらいは『スマブラDX』の対戦会に参加してみてもいいかもしれないなぁ」と思ってくださった方がいるのではないでしょうか。

 

会場で待ってます!そして数か月に1度参加してくださるのをもっと待ってますwたまに普段と違う休日を過ごしてみるというのも、なかなか乙なものだと思いますよ~。また、池袋にお出かけの際には、上でご紹介したカフェにぜひ行ってみてください。本当に飲みやすくておいしいですよ。

 

 

記事を読んでくれた方へ

当ブログではTwitterなどでのシェアや「はてなブックマーク」登録(「B!」のアイコンをクリック)を大募集しています!スマブラDXは相当昔のゲームなので、ここら辺の機能を活用することで、年齢や普段の趣味などに関係なく多くの方に記事を読んでいただく機会に恵まれればいいなぁと考えています。少しでもクスッときたりどこかのなにかにピンときたりしたら、是非ご協力お願いします!!ブログ管理人のMARINEがめちゃくちゃ喜びますw 当ブログについてやシェアおよび登録については下を見てみてください。毎回のごとくふざけた記事を書いていますが、いつも足を運んでくれてありがとうございます。